きつねのたすき (注染の日傘) 武州藍

ツタエノヒガサ

浜松注染の伝統技術と日本の傘職人の技術、

どちらも未来へ残していきたい大切な技術。

ものづくりの町、蔵前に構えるtutaeeが

柄から描き起こし日傘を作りました。


注染の最大の特徴は裏表共に染め上がること。

使う自分も美しい染め、模様を楽しめるのです。


古く江戸時代から続く埼玉北部の武州藍。

濃い藍色が特徴的です。


広げてみると小さめのサイズ感が可愛らしく、

人混みでも使いやすい感覚。

そして軽い!

これは日々持ち歩くのに重要な要素です。

柄(え)が長いのではなく傘が小さいのです。

タッセルも素敵ですね。

ファッションの一つとして季節を楽しめるお品です。


全長72cm
傘の直径42.5cm
(一般的な傘は50cmです)

こちらは送料代引き手数料無料でお届けします。

ショップポイントは410円付きます。

気になる点はお問い合わせください。

販売価格
20,520円(税込)
購入数

RECOMMENDED ITEMS